お問い合わせ
静けさ 心地よい響き 豊かな臨場感 オーディオ シアタールーム ピアノ室の音響工事 最適な音響空間を実現 不熱せっこう吸音天井ボード

防音材・音響工事

防音Q&A

(抜粋)

  • マンション・木造住宅
  • オーディオルーム・音楽練習室
  • 防音材・遮音材・吸音材
  • 乾式遮音壁は、RC壁より遮音性能が優れているか。また、乾式遮音壁にも、耐震スリットが必要か。

    「住宅の品質確保の促進に関する法律」の遮音性能の項目で、最も優れた遮音性能である「等級4」の遮音壁は、RC壁では壁厚260mm・乾式遮音壁「A-2000・W1」では約半分の136mm・壁重量は約1/10の約60Kg/mmで実現できます。詳細は吉野石膏(株)に相談下さい。また、石膏ボードの乾式遮音壁は、非耐力壁なので耐震スリットを入れる必要はありません。阪神淡路大震災などでも、同壁により柱が損傷したという報告はありません。

    防音床の例を教えて 下さい。

    椅子の引きずり等の軽量衝撃音、踵歩行等の重量衝撃音の両方に対するデータを確認する必要があります。これらについては、「音響技術No.159(特集;音響材料の使い方と技術資料集)」に、我が国有数メーカーの製品について、特長・仕様・データなどが掲載されております(URLも記載)。該当床材メーカーのHPにアクセスして下さい。

    制振遮音板などをコンクリートの床スラブに直接敷いた場合、遮音や床衝撃音に対する効果は?

    制振遮音板などの制振材は、ボードと貼りあわせると、空気音に対する遮音性能の向上が望めます。また、床下地と貼りあわせたり、下階が二重天井の場合に使用すると、床衝撃音に対する遮断性能の向上が望めます。その他、ダクトなどの音鳴りを抑える効果もあります。しかし、コンクリートスラブに直接敷いても、床衝撃音に対する遮断性能に影響はありません。詳しくは、東邦亜鉛(株)のホームページをご覧下さい。

    木造の戸建住宅ですが、建具の隙間から音が漏れてきます。また、冬は隙間風が気になっています。遮音性能を上げたいのですが、どのような方法がありますか?

    防音(遮音)気密材を取り付けるのがよいといえますが、種類が多く、建具の仕様、および現状の音漏れに対応した製品を選ぶ必要があります。詳細については、「音響技術No.159(特集;音響材料の使い方と技術資料集)」、及びピンチブロック(株)のホームページをご覧下さい。

    道路際に、木造住宅を計画しています。車の振動を軽減させる材料はあるのでしょうか。

    合成ゴム製の基礎土台パッキン「キソゴム®」があります。「音響技術No.164、会員の頁(振動対策部材「キソゴム®」)」、および、ゼオン化成(株)のホームページをご覧下さい。

    マンション・木造住宅一覧を見る

  • ピアノや楽器を部屋で自由に演奏したい。

    ピアノや楽器などの演奏音は、通常80~100dB程度の音量が発生します。マンションなどの集合住宅の住戸間の遮音性は、40dB程度であるので、対策をしない部屋で演奏すると40~60dB程度の音の大きさで隣室へ漏れてしまいます。したがって、自由に演奏したい場合は、防音室などを設置する必要があります。日本板硝子環境アメニティ(株)のホームページ日本音響エンジニアリング(株)のホームページが参考になります。また、「音響技術No.141(特集;プライベート空間の音響設計」なども参考になります。

    オーディオ・シアタールームでよい音を聞きたいのですが、本格的な室を設計する場合、何に注意すればよいですか?

    本格的に音・映像を楽しむためには、防音対策、室内音響設計、電気音響設備の選定が必要となります。目的にもよりますが、内装を浮き構造、室形を不整形とし、機器類の配管等にも留意しなければならない場合もあります。また、新築・改修、木造・RC造によっても、設計方針が異なるでしょう。詳しくは、「音響技術No.106(特集;ホームシアターの音響(これでホームシアターは君のもの)」「音響技術No.141(特集;プライベート空間の音響設計」、及び日本板硝子環境アメニティ(株)のホームページ日本音響エンジニアリング(株)のホームページにアクセスすると有用な情報が得られます。

    音響調整材とはどのようなものですか。

    壁などに取付けて、室内の音場をv改善させるユニットです。音響調整材には、吸音効果を高めるものと、音の散乱効果を高めるものがあります。(柱状拡散体)手軽に使用できるので、音を楽しむ空間によく使われています。詳細については、「音響技術No.159(特集;音響材料の使い方と技術資料集)」、及び「●防音材・音響工事」の該当会員各社のホームページにアクセスすると詳しい情報が得られます。

    会議室の設計をしていますが、どのようなことに気を付けなければいけませんか。

    会議室といっても、数人用から、本格的な電気音響施設を有し、100人単位規模のものいまであります。いずれにしても、内装材に適切な吸音処理を行うことが不可欠となります。「音響技術No.136(特集;音環境Q&A100選」「音響技術No.150(特集;音響設計の基礎」などが役に立つでしょう。

    反響と残響の区別がつきません。

    「上階からの足音が反響してうるさい」とか、「残響で騒音がうるさい」などといわれることがありますが、用語の使い方としては、両者とも間違っているといえます。「反響」は「やまびこ」、「こだま」であり、最初の音が聞こえた後、また遅れて聞こえることをいいます。「残響」は「音の響き方」であり、音がすぐには減衰しない場合を残響が長いといいます。室内音響設計では、基本的な問題として、「反響」が起きないように(特に広い室)、「残響時間」が適度な長さになるように(スタジオなども含む)検討します。

    マンション・木造住宅一覧を見る

  • 工場の屋外設置の機械の防音壁を検討しています。耐候性の製品を教えて下さい。

    防音壁(障壁)は、吸音材としては耐水性吸音材を、遮音材としてはなるべく薄い材料を採用したものでなければなりません。また、適切な表面保護材を使用し、吸音性能を低下させないような仕様とすることが大切です。もちろん施工性に優れ、組立が容易なものである必要があります。詳細については、日本板硝子環境アメニティ(株)のホームページへアクセスして下さい。

    マンションの畳敷床をフローリング床にリフォームしたいのですが、どのような構造にしたらよいですか?

    スラブ面から仕上げ面までの総厚は変えられませんので、緩衝層を含む断面構成には種々の技術を盛り込むことが必要とされます。 すなわち、床衝撃音対策と共に、適度の弾力性を有し歩行感のよさが重要になります。 詳細については、大建工業(株)のホームページをご覧下さい。

    防振材の種類が多いので使い方がわかりません。

    防振材は、防振ゴム、金属ばね、空気ばね、多孔質材、エラストマーなどに分類され、それぞれの特長を把握した使い方をします。詳しくは、「音響技術NO.109(特集;音響材料)」「音響技術NO.150(特集;音響設計の基礎」)」「音響技術NO.159(特集;音響材料の使い方と技術資料集)」をご覧ください。なお、防振ゴム製品では、主に住宅などの一般用では大建工業(株)のホームページをご覧下さい。

    吸音材料には、どのような種類がありますか。また、それぞれの特長を教えて下さい。

    吸音材料は、多孔質吸音材料、多孔質成型吸音板、孔あき板吸音構造、板状吸音構造、膜状吸音構造、その他に分類されます。それぞれ、主として吸音する周波数領域が異なります。この当協会ホームページの「●防音材・音響工事」の該当会員各社のホームページにアクセスするか、「音響技術No.159(特集;音響材料の使い方と技術資料集)」に、我が国有数のメーカーの製品が掲載されており、各メーカーのホームページ(URL記載)にアクセスすると、詳しい情報が得られます。

    壁用・天井用仕上げ材として、内装用多孔質吸音材を探しています。

    多孔質吸音材で、表面仕上げ材を必要とせず、そのまま内装材として施工できる製品があります。詳細については、旭ファイバーグラス(株)のホームページマグ・イゾベール(株)のホームページアコス工業(株)のホームページをご覧下さい。

    マンション・木造住宅一覧を見る

防音Q&A一覧を見る

新着情報

お知らせ 2016.11 技術講習会の開催 テーマ : 「集合住宅の音に関する紛争予防のための知識 」
日時:平成28年11月9日(水) 場所: 吉野石膏虎ノ門ビル (大会議室)
お知らせ 2016.9
<発送遅延のご連絡>
定期刊行誌「音響技術」NO.175 ( 9月発刊 ) 号は校正、印刷の遅延により、例年より2週間ほど
お届けが遅れる可能性があります事をご連絡申し上げます。
お知らせ 2016.7 音響基礎講習会の開催 期日:平成28年7月13日(水) 場所: 吉野石膏虎ノ門ビル(大会議室)  「実施済」
お知らせ 2016.6 定期刊行誌「音響技術」NO.174の発行(特集 床衝撃音対策の新しい技術)
お知らせ 2016.6 技術情報<1.無線計測システムの音響振動計測への適用について> < 2. 2016年見学会報告(大林組研究所)>
お知らせ 2016.5 防音の勉強会「防音対策の初歩」 平成28年5月25日(水) 場所:ローレル三田会議室
お知らせ 2016.3 定期刊行誌「音響技術」NO.173の発行 (特集 マイクロホンの使い方)
お知らせ 2016.3 技術情報  <グラスウール吸音材の紹介-細繊維製品の特性->  <アスファルト系遮音板を利用した効果について>
お知らせ 2015.12 定期刊行誌「音響技術」NO.172の発行(特集 初心者のための音響指標入門)
お知らせ 2015.12 技術情報「Q&A」(1)音響材料 (2)騒音・振動防止 (3)室内音場 (4)音響測定
お知らせ 2015.11 技術講習会の開催 平成27年11月11日(水) 場所: 吉野石膏虎ノ門ビル
「音のトラブル防止のための実務的な対策」
お知らせ 2015.10 防音の勉強会「防音対策の初歩」 平成27年10月21日(水)・(予定) 場所:ローレル三田会議室
「ゼロからのスタート、数学が苦手なビギナーを対象とした防音の勉強会」
お知らせ 2015.9 定期刊行誌「音響技術」NO.171の発行(特集 最近のオフィスに求められる音・振動環境)
お知らせ 2015.9 「最新技術情報ページ(制振遮音ボードSP-4Dによる工場等外壁の遮音性能改善例)」を更新しました。
お知らせ 2015.7 機関誌「音響技術」記事のDVD化PDF資料ご提供のお知らせ
お知らせ 2015.7 音響基礎講習会の開催 日時:平成27年7月15日(水) 場所: 吉野石膏虎ノ門ビル(大会議室)
お知らせ 2015.6 「最新技術情報ページ(フランスにおける騒音に関する法律)」を更新しました。
お知らせ 2015.6 定期刊行誌「音響技術」NO.170の発行(特集 特色ある測定法の話題)
お知らせ 2015.5 防音の勉強会開催:「防音対策の初歩」「ゼロからのスタート、数学が苦手なビギナーを対象とした防音の勉強会」
平成27年5月27日(水)予定、港区三田2-14-7 ローレル三田会議室
お知らせ 2015.4 「最新技術情報ページ(高荷重用防振耐震天井)」を更新しました。
お知らせ 2015.4 定期刊行誌「音響技術」NO.169の発行(特集 残響の理論と実際)
お知らせ 2014.12 定期刊行誌「音響技術」NO.168の発行(特集 工場の騒音・振動対策)
お知らせ 2014.12 「最新技術情報」ページを更新しました。
お知らせ 2014.11 防音の最新情報を提供する防音対策講習会開催 マンションの防音対策「遮音・床衝撃音対策」
平成26年11月12日(水)、吉野石膏大会議室(新橋)
お知らせ 2014.10 定期刊行誌「音響技術」NO.167の発行(特集 遮音性能基準を考える  ~集合住宅を中心として~)
お知らせ 2014.10 「最新技術情報」ページを更新しました。
お知らせ 2014.10 防音の勉強会の開催;「ゼロからのスタート」 「数式が苦手なビギナーを対象とした防音の勉強会」
平成26年10月 1日(水)、ローレル三田会議室(田町)
お知らせ 2014.06 定期刊行誌「音響技術」NO.166の発行(特集 伝統の継承新たなる挑戦-ホールの改修・改築」)
お知らせ 2014.06 「最新技術情報」ページを更新しました。
お知らせ 2014.04 音響基礎講習会の開催(実施済)
日時:平成26年7月2日(火) 場所: 吉野石膏虎ノ門ビル(大会議室)
お知らせ 2014.04 当協会webサイトをリニューアルしました。
お知らせ 2014.03 定期刊行誌「音響技術」No.165の発行
(特集 避難所・応急仮設住宅の音響性能)
お知らせ 2014.03 「最新技術情報」ページを更新しました。
お知らせ 2013.12 定期刊行誌「音響技術」No.164の発行
(特集 集合住宅を支える最近の遮音対策技術)
お知らせ 2013.12 「最新技術情報」ページを更新しました。
お知らせ 2013.10 防音の最新情報を提供する防音対策講習会の開催
日時:12月11日(水)場所: 吉野石膏虎ノ門ビル(大会議室)
お知らせ 2013.10 定期刊行誌「音響技術」No.163の発行
(特集 鉄道騒音)
お知らせ 2013.10 「最新技術情報」ページを更新しました。
お知らせ 2013.07 定期刊行誌「音響技術」No.162の発行
(特集 吸音の上手な使いかた)
お知らせ 2013.07 「最新技術情報」ページを更新しました。
お知らせ 2013.05 協会の概要ページ(役員名簿、事業報告書、財務資料)を更新しました。

新着情報一覧を見る

日本音響材料協会について

日本音響材料協会は、防音材メーカー、施工設計業者および音響技術研究者を連携させ、主に防音に関する技術、建築音響の発展に寄与する目的で昭和28年に設立し、同38年に公益社団法人を認可されました。
マンション・住宅やホール・スタジオの防音対策、音響設計を多角的に研究し、快適な空間を提供できるよう種々の情報の提供や技術講習会等の開催を通して、音響技術の啓蒙活動を行っております。

協会概要を見る

講習会

会員

定期刊行誌