お問い合わせ

定期刊行誌

年4回発行の季刊誌で1953年より35年以上にわたり継続発行している音響学専門と設計施工の中間的性格の特徴を持つ当協会の機関紙です。国内の音響関 係者はもとより、海外の研究者にも重宝されております。また、読者のニーズに答え、毎号特集記事を掲載しており、多彩な編集委員を擁して時代にあった問題 点について、最新の話題を提供しています。多彩な執筆陣による実務的な内容の特集記事と最新情報・Q&Aコーナーの会員の頁で構成されています。官公署、大学、企業などに購読され、海外の購読会員も増加しています。

No.188[ 2019年12月発刊 ]


通巻 No.188【Vol.48 no.4】

〈追悼文〉前川純一先生のご逝去を悼む            森本政之・阪上公博
〈特集〉新しい遮音・吸音材料と活用技術
 特集にあたって                      田中 学・渡辺充敏

【1.通気性のある板・膜の活用】
 1.1 微細穿孔板(MPP)のいろいろな用例         阪上公博
 1.2 膜材料および膜構造の音響特性            吉野達矢
 1.3 薄膜付加によるエッジ効果抑制理論を用いた遮音壁   河井康人・星野 康
 1.4 小孔加工付き樹脂フィルムによる内装材料       深沢祐二
【2.樹脂・モルタルの活用】
 2.1 粒状制振材を用いた天井による重量床衝撃音の低減効果 山内 崇
 2.2 ポーラスモルタル板の吸音特性と木造床への適用    山口 信・川井敬二
                              富来礼次・圖本則子
【3.木材や木質材料の活用】
 3.1 建築物の木造化・木質化の動向と
    床衝撃音遮断性能の実測例              平光厚雄
 3.2 CLT(直交集成板)の遮音性能と活用動向       田中 学
【4.膜加圧・気泡の活用】
 4.1 膜加圧を利用した遮音構造の実用化          小林正明
 4.2 気泡を用いた解体騒音の低減技術           池上雅之・本田泰大
【5.トピックス】
    共同住宅界壁の遮音性能:建築基準法
    第30条の改正について                井上勝夫・平光厚雄

〈会員の頁〉
 1.せっこうボードによる吸音C床衝撃音対策工法の最近の開発について
 2.聴力検査ボックス
 3.「令和元年度技術講習会」開催報告」
 4.令和元年度秋季「防音勉強会」一防音対策の初歩一開催報告
〈会告〉
〈次号予告〉
〈2020年度講習会年問計画〉
〈賀詞交歓会のご案内〉
〈正会員主要製品(技術内容)〉
〈バックナンバー〉

価格(消費税別途)

印刷物  定価2,500円/冊

CD-ROM版 (第1版、第2版)
    No.1    ~No.120号の120冊分セット(1972年4月号~2002年12月号) 5,000円(一般価格)
    No.121~No.141号の  21冊分セット(2003年3月号~2008年3月号)   2,500円(一般価格)

DVD版 (第3版)
    No.1~No.165号の165冊分セット(1972年4月号~2014年3月号)
        一般価格   11,000円/1枚
        会員価格   10,000円/1枚(正会員、賛助・研究会員、購読会員)

最新版DVD (第4版)
    No.1~187号+特別収録(音響材料No.1~18+建築音響No.1~22)
        本体価格   15,000円/1枚(消費税別)

ページTOPへ

ご注文方法

メールからのお申込みの場合は、下記をコピーして貼り付けてご送付下さい。なお、お振込み手数料は、ご自身のご負担となります。

FAXからお申し込み

ご注文からお届けまでの流れ

1.メール、FAXにてご注文
2.当協会より申し込みの確認の返答と指定口座の連絡
3.指定口座へご入金
4.当協会で、ご入金確認後、3営業日以内に発送
ご注文からお客様の元へお届けするまで最短で7営業日ほどお時間をいただきます。
■ご入金先は、みずほ銀行又は郵便振替をお選びいただけます。
なお、お振込み手数料は、ご自身のご負担となります。

ページTOPへ

音響技術のキーワード検索

下記にキーワードを記入して、検索ボタンをクリックしてください。 各号に掲載されている音響技術記事のタイトル(目次内容)が検索できます。

音響技術記事

講習会

会員

定期刊行誌